『好きな器を探す、旅』初めてのパリ

2017.4.27(Thu) パリ

おはようございます。

今日から私は、“新1年生”
なんだか、そんな気分です。

昨年から、ずっとあたためて
徐々に、徐々に現実になっていったこの企画。

もうすぐ“conasu antiques”という
アンティーク専門のリース屋さんが、ウェブサイトにオープンする(予定!!)

私はそんなコナスアンティークスの、買い付け担当になりました。

アンティークはずっと、好きだったのだけど
バイヤーさんより全然知識はないし
フランス、北欧に行ったこともないし
言葉も話せない・・・と、いうことで
これまでスタイリストとして、器に触れ合ってきて
自分の<目>と<感覚>しか、持ち合わせていない。

私でこの大役大丈夫かな・・と不安が初めはあったけど、
“初めは誰でも、初心者だから”と、いう言葉に励まされて
私なりに精一杯やってみよう、と気持ちを決めました。

“初めまして”のフランスと北欧。

右も左も電車にきちんと乗れるのかも、とにかく、わからない。
(日本でも電車にきちんと乗れないのだから
間違いなく乗れない、と思うけど(泣))

少しでも素敵なものに、出会えますように・・・
nbsp&
新しいことにチャレンジする新1年生になる時は、いつもドキドキ
ちょうど、4月だしタイミングもきっと良い!

ドキドキ

 

 

たぶん、たぶん、私は扉フェチ。

北欧、フランスどちらでも沢山の扉の写真を撮っていた。

記念すべき、1枚目(笑)

 

建物がそこにある。それだけで美しいなぁ。

nbsp&

石畳。

世界中のいろんな道を見てみたい。