【好きな器を探す、旅】ポルボー散策

ポルボー散策へ
 
セカンドハンドショップとアンティークショップを巡り
多くのものに出会い、
じーっと真剣にたくさんの物の中から選ぶので
なんとも頭がパンク寸前。
そろそろ煙が出てきそう。
 
でも、アラビアのヴィンテージや、北欧のアンティーク。
可愛い木の箱なんかにも出会えて、嬉しい限り。
 
 
ひとしごと終えて、宿にチェックイン。
車を置いて、街中散策。
 
ポルボーの広場の前の、ホテルに宿泊。
絵本のお家の中も、すごく可愛い。
今回のフィンランド宿ヘルシンキでもポルボーでも、
ホテルではなくゲストハウスに泊まりました。
 
いろんなゲストハウスがあるみたいですが
個室が付いているところ、清潔なところ。
だいたいのゲストハウスは
シャワーとキッチン、リビングが共同で使えます。
色んな国の方が、共同スペースにいました。
ゲストハウスの規模も様々。
ヘルシンキでは、すごく大きなところに泊まり
共同のリビングスペースにはいろんな国の人が、何十人もいました。
 
今回のポルボーは、部屋が3つだけ。
キッチンは使えないけど、朝食がきちんと出るところで
シャワーは共同。
さすが、北欧!という感じで
なんと、シャワーにサウナ付いていた。
自宅にサウナ、あるんだ!
夜に入るのが、楽しみだなぁ
 
私は、今回の旅が初めてのゲストハウスだったのですが
ホテルとも全然変わらないくらい
むしろホテルより居心地がいい
(ところを、調べ物力の高いなっちゃんに、選んでもらったのですが)
 
特にポルボーの宿は、素敵でした。
ここで暮らす人たちは
こういうインテリアが好きで
こういう天井のお家にきっと住んでいて、と、その暮らしが垣間見えて
ひとり部屋の中で、ふふふ、と嬉しくなっていました。
 
 
夕方、街の外に出ても
まだ明るい。
なっちゃんと2人で教えてもらった教会に。
 
教会も木の扉が衝撃的に素敵でした。
(木の扉フェチには、たまらない!!)
残念ながら、中には入れなかったけれど。
 
北欧に来て思ったことの一つが、空が綺麗。
空の青が、深い色をしていて、日本ではあまり出会えない色。
たまたまポルボーでは雲ひとつなくて、
空が高くて宇宙まで繋がっているような色。
空を見てるのに、足がすくんじゃいそうな切なくなるような。
それがまた、なんとも言えなくて、とっても好きな空でした。
教会の横のベンチでひとりぼーっと、空をずっと見ていたくらい。
 
 
ポルボーでの翌日の朝ごはん
朝ごはんが出てくるのなんて、久しぶり。
可愛いキッチンとテーブルに通してもらい
セルフで、そこから好きなものを器にとる。
 
ステンのボウルに布、そこにゆで卵が入っていて
それがすごく素敵だった。
こういうものを見ると、今度スタイリングでやってみよう、と思ってしまう。
私のスタイリストの仕事は、映画を見るのも、本を読むのも、旅行に行くのも
間接的に、仕事につながる。
 
これは私の考え方なのだけど
感性やセンスというものは
もちろん、育った環境、生まれ持ったものはあると思うけれど
そこを伸ばしていく、ということの大半は後天的なもの。
勉強だと思っている。
旅に出ると、その場所や人の当たり前の生活の中での
素敵なものや日本では知れなかったことを知ることができるのが
とても楽しい。
 
だから、ステンレスのボウルに布と卵が入っているのを見るのも
外の街の建物のの色合いも、少し汚れているところも
お店の中の雰囲気を見るのも、綺麗なものを見つけるのも
何をするのも、見るのも、細やかなことでも
全部楽しい。
このお仕事についてよかったなぁーと
こういう時にいつも思う。
何でも楽しいし、それが表現できるのがまた楽しい、と。
 
ホテルのビュッフェも好きだけど、
宿の方が心を込めて作ってくれた朝ごはん、こういうのあったかくていいなぁと
心の中でひとり、わぁわぁと喜ぶ。
もぐもぐとお皿に盛り付けたものを食べる。
クロワッサンが特に美味しかった。
 
ふふふ。
 
さて、今日も頑張りましょう。
今日は、ポルボーからラハティーに行って
ヘルシンキへ帰ります。
 
 
ちなみに、ちなみに。
前日の午後に駐禁を切られました(泣)
自動車事情、なかなか調べても出てこないけど、気をつけて。
この日、初めて知ったんだけど
レンタカーに時計のような簡易な数字の書いてあるものがポケットにあるから
それを駐車の時は、駐車した時間をそこのダイアルに合わせて
それを見える場所に置いてくださいね。
 
それを見て、警察が駐車時間が過ぎていたら、切符をきるみたいです。
 
 
 

教会。素敵な佇まい。

大きな、大きな教会。
教会の大きな扉。
こちら、たまらない(扉好きには)
木の扉好きには、
たまらないお家の扉。
宿の入り口、なのだけど
裏口から入らなきゃいけない仕組み笑
天井低め。
居心地のいいお部屋。
宿のお部屋。
ちょうど三角屋根のお部屋でした。
リビングのような、素敵なお部屋。
窓から差し込む光が明るいけど
もう夜です。
ビュッフェ式の朝ごはん
素敵だなぁと感じた
布使い。
控えめに見える卵にときめいてしまった。
ビュッフェのパン。
クロワッサンもこのパンも美味しかった
朝ごはんの盛り合わせ。
美味しいクロワッサン。